CATEGORY

セクハラ

セクハラ

会社に、女性社員が会議室で上司からセクハラを受けたという内容証明が送られてきました

ご相談内容 会社の人事課に、勤続2年目の女性社員から、上司からセクハラを受けたという内容証明が送られてきました。 卑猥な言葉を投げかけられたとか、身体を触られたと書いてありますが、2人きりの会議室のできごとで、証明できません。 この先、裁判になることを恐れています。まずは、どのように対応したらよいでしょうか。 裁判になると ハラスメントで裁判になると、裁判所は当事者間の主張と、主張を裏付ける証拠を […]

会社の罰ゲームで、バニーガールのコスチュームを着用させられました

事件の概要 化粧品会社に勤務する女性社員らが、売り上げで目標達成しなかったことを理由に、上司から呼び出されて、4名が罰ゲームとして用意していた、ウサギの耳がついたコスチュームを着用させられた事件があります(大分地裁平成25年2月20日)。 女性らの訴え この事件は、化粧品会社の物販コンクールで、商品の販売数が目標数に達しなかった4名に対して、罰ゲームを行うことが決定されました。 平成21年10月に […]

会社で、上司から隠し撮りをされました

事件の内容 20代の女性が、上司である40代男性社員からストーカー行為を受けて、退職に至ったため、判決では、男性上司と会社に対して、総額700万円の損害賠償を命じた事件があります(東京地裁平成15年6月9日)。 好きだとストーカー行為 40代男性部長が、部下である20代女性社員に対して「貴女の笑顔が僕を元気にする。元美少年より」というラブレターを送ったり、宿泊を伴う出張時には、特別な感情があると告 […]

ハラスメントを受けて休職しています。休業補償給付はどのように受けますか

休業補償給付の支給 業務中にセクハラやパワハラを受けて、心身を患い、会社を休職することがあります。療養のため休業して賃金の支払いを受けない時、労働者は、労災保険から休業補償給付をうけることができます。 支給条件 休業補償給付を支給されるための要件は、 – 業務上の傷病により療養していること– 療養のため労働ができないこと– 労働ができないため賃金を受けられないこ […]

結婚すると報告した途端、大勢の前で辞めるように発言を繰り返しました

ご相談内容 大手商社に事務で、6年間勤務している女性です。仕事も順調で、将来総合職に異動する希望も伝えて、勉強してきました。来年社内恋愛で結婚することになりましたが、夫も仕事をすることに賛成してくれているので、子供ができても、仕事をしながら、夫と協力して仕事を続けていくつもりです。 しかし、上司が古い考えの持ち主で、日頃から、女は家庭を守っているのが一番幸せだ、うちの女房もそういっている、と豪語す […]

上司と月1回の性的関係がありました。拒否したとたん嫌がらせをうけました

裁判例 会社勤務の女性が、上司である男性からしつこく誘われて、ドライブや飲食に行き、月一回程度性交渉をもっていました。 社内でも、体に触られるなど、セクハラ行為を受け続け、はっきりと拒否すると、男性は女性に仕事で嫌がらせをした事件があります(東京地裁平成24年6月13日判決) 同意の不倫かセクハラか 女性は男性に対して、セクハラ行為を止めるように、誓約書を書かせた後も、男性のわいせつな行為は続いた […]

テレビ局に見学にきていた女性を誘ったら、テレビ局から停職処分を受けたので、訴えました

裁判例の内容 テレビ局の社員が、テレビの撮影現場に見学にきていた女性に、しつこく迫り、テレビ会社はその男性社員を懲戒処分にしました(東京地裁平成19年4月27日判決) 事件の内容 テレビ局に勤務する男性が、担当する番組のボランティア女子学生の友人が、テレビ局の撮影を見学にしたところ、その後、女性に対して、しつこく飲食に誘いました。飲食の後に、抱きついてキスをして、女性の自宅に宿泊させろと迫りました […]

わいせつ行為をした大学教官を隔離した裁判例

事例 某大学の助教授が、女子学生を酩酊状態にして、ホテルへ連れ込み、わいせつ行為をしました。その後、その女子学生に対して、愛しているなどとしつこくメッセージを送り、交際しなければ女性の友人の単位を落とすなどと脅迫をしました。 大学は、その大学助教授に対して、セクハラ行為として、半年間の停職処分を命じた後、その助教授は、半年間の停職期間を終了して、大学に復職したのですが、大学側は、講義や研究の停止や […]

セクハラ裁判での供述の難しさ

事例 区議会議員の男性候補者が、事務所で働く女性選挙運動員からセクハラで訴えられた。 この事件では、女性は、男性からわいせつ行為を受けたとして、男性に慰謝料請求を行ったが、もともと女性が男性に好意を寄せていて、女性から男性に積極的なメールを送っていた。また、女性は、わいせつな行為を受けていながら、冷静に事実関係を供述している。 判決 第一審の東京地裁平成20年9月26日判決では、女性の供述が事実で […]

お酒に酔った女性が帰りたくないと言うので、ホテルに行きました。これってセクハラ?

裁判事例 女性派遣社員が、派遣先の会社の歓迎会で、強度の酩酊状態になり、派遣先の会社の男性社員が、女性をタクシーで送っていく途中で、女性が「まだ帰りたくない」と言ったので、タクシーを降りて、ホテルにチェックインした。 ホテルでは、2人でカラオケを楽しんだあと、女性が寝てしまった。その後、男性は、寝ている女性が拒否したにも関わらず力で抑えて、男性が性交渉に及んだ。そのあとも、女性は寝てしまい、翌日男 […]

>

セクハラ・パワハラ・マタハラなどハラスメントに悩んでいる人に、ハラスメント関する、有益な情報を総合的に提供するポータルサイトです。
日本ではハラスメント問題が多いにも関わらず、被害に遭われた方が泣き寝入りをしていることが多いのが現状です。セクハラを受けて悩んでいる方、身に覚えがないのに加害者になった方、従業員にハラスメント問題があったと通達を受けた企業の方、に正しい法律の情報をお届けします。

このサイトは、ハラスメント問題に強い、弁護士 齋藤健博が、運営監修しています。銀座さいとう法律事務所は、年中無休で相談を受け付けています。1人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。