CATEGORY

いじめ

事務職から、力仕事の職場に異動させられました

自動車タイヤ等販売会社女性従業員配転事件 自動車のタイヤを輸入販売する会社に勤務し、事務所内で事務をしていた女性社員が、お客様からの電話を受けたとき、タイヤの知識がなかったために、男性社員に対応を代わってもらっていました。 この電話の対応について、社長が女性社員に文句を言ったときに、口論になり、社長は女性社員に解雇を言い渡しました。 女性社員はこれを不服として、組合に訴えたために、解雇は撤回されま […]

会社の不正を内部告発したことを理由に、昇進が止まりました

内部告発 内部告発とは、組織(企業)内部の人間が、所属組織の不正や悪事(法令違反など)を、外部の監督機関(監督官庁など)や報道機関などへ知らせて周知を図る行為です。 組織の不祥事やその隠蔽は、この内部告発によって明らかになるケースが多いです。 内部告発の相手先は一般に次の3つに分けられます。① 勤務先の会社② 監督官庁などの行政機関③ マスコミ・一般市民 内部告発による人事差別 富山県の貨物自動車 […]

会社のチャットで上司から暴言を受けています

チャットで暴言 会社の代表取締役が、従業員に対して、直接ではなく、チャットを使用して罵詈雑言を浴びせた事件があります(東京地裁平成27年1月15日判決)。 従業員への嫌がらせ この事件は、医療関係の人材紹介会社の社長が、従業員に対して、チャットを使用して「まじでむかつくお前」「いなくなって欲しい」「舐め過ぎだ、どれだけ損害をかけていると思っているんだ」「うんざりだ」と暴言を送り続けました。 それだ […]

ワンマン経営者が、女性従業員を罵倒し、書類の改ざんを要求し、退職させました

損害賠償請求事件 女性従業員が、ワンマン経営者から再三罵倒され、退職強要を受けたために、女性従業員が、経営者と会社に対して、懲罰的慰謝料1200万円を含む総額1380円の損害賠償請求をした事件があります(東京地裁平成28年2月3日)。 比較的最近の事例ですから、検討をしてみましょう。 馬鹿かお前は この事件は、中小企業に勤務する経理担当女性従業員が、社長から「馬鹿かお前は」「クビ」「代わりはいくら […]

アルコール・ハラスメントの事例

アルコール・ハラスメントの概要 一般的に急性アルコール中毒などを含むアルコール関係の迷惑行為を、アルコール・ハラスメントと呼びます。 アルコール・ハラスメントの種類 1 飲酒の強要 上下関係や団体の伝統、集団のはやしたて、罰ゲームなどという形で心理的圧力をかけて、アルコールを望んでいないのに無理に飲ませることです。 2 イッキ飲みの強要 強要するような場の雰囲気を作り、アルコールを早飲みさせたり、 […]

「おばちゃん」「女の子の煎れるコーヒーは美味しい」「おやじ」・・・これってセクハラになりますか?

概要 女性(男性)を軽視し、対等なパートナーとみなしていない気持ちから発せられる言葉があります。 「ブス」「おばさん」「じじい」「女の子がXXしてくれるといいな」などの言葉は、いわゆるセクハラだけではなく、世代的差別であるジェンダー・ハラスメントにも当たります。 女性(男性)を軽視し、対等なパートナーとみなしていない気持ちから発せられる言葉があります。 本人が嫌がる発言をしない これらの差別的発言 […]

パワハラの示談交渉の通知書

加害者もしくは事業主を直接相手とすることが検討されることになり、その場合内容証明郵便などで通知書を出します。内容証明郵便とは、相手方にどのような記載のどのような内容のものが到達したのか、後日立証することが可能となる形での郵便であり、これが届いていませんなどの反論を許さないものです。進展などの形をもちいることができるので、プライバシー保護することが可能であり、被害者・加害者らがともに秘密で処理を希望 […]

パワハラで、刑事責任を問われますか?

某警備会社に勤務していたAさんが、無断欠勤を繰り返して、会社を退職せざるを得なくなりました。Aさんは、会社を退職することになったのは、当時の上司であるOさんが計画的に自分を退職に追い込んだと逆恨みして、退職後しばらくしてから、1年弱に及びOさんの自宅付近を徘徊して、本人や家族に対して、嫌がらせを繰り返しました。玄関先で、「ばかやろう」「ででこい」などと叫んだり、ダンプカーを玄関先に止めて、エンジン […]

いじめの相談を受けました。学校として、どのようにいじめ問題に取り組んでいくべきでしょうか。

学校に求められるいじめ防止策 いじめ防止対策推進法は、学校に対して、いじめの防止と早期発見、その措置について次の4つについて対応を求めています。 学校いじめ防止基本方針の策定平成23年10月11日いじめ自殺事件が滋賀県大津市で生じたことをきっかけとして、平成25年には、提言の形でいじめの定義が初めて明らかにされていきました。その後いじめは法律の世界でも関心を集め、いじめ防止対策推進法2条において、 […]

いじめに対して、法的措置で何ができますか?

弁護士ができること いじめについての学校との交渉いじめ防止対策推進法は、23条において、学校を名宛人としていじめが生じた場合における措置をさまざま定めています。被害児童や加害児童への指導を求めること、加害児童の保護者に助言をする義務を有すること、安心して教育を受けられるよう措置を講ずる義務を有すること、いじめに関する情報を保護者と共有するための措置を講ずること、警察との連携を図ること、これら義務を […]

>

セクハラ・パワハラ・マタハラなどハラスメントに悩んでいる人に、ハラスメント関する、有益な情報を総合的に提供するポータルサイトです。
日本ではハラスメント問題が多いにも関わらず、被害に遭われた方が泣き寝入りをしていることが多いのが現状です。セクハラを受けて悩んでいる方、身に覚えがないのに加害者になった方、従業員にハラスメント問題があったと通達を受けた企業の方、に正しい法律の情報をお届けします。

このサイトは、ハラスメント問題に強い、弁護士 齋藤健博が、運営監修しています。銀座さいとう法律事務所は、年中無休で相談を受け付けています。1人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。