アルバイトを辞めたら、最後の月のアルバイト代が払われません。払ってもらえますか。

ご相談内容

運送会社でアルバイトをしていました。仕事の内容と待遇に不満があり、無断欠勤などをした後、会社と話し合いのもとアルバイトを辞めました。その後、払いていた最後の月のアルバイトを払ってもらえません。


ブラックバイト

勤務中や辞める前に、なんらかのトラブルがあった場合によくある相談です。

働いた賃金を払わないのは、アルバイトをただ働きさせる、いわゆる「ブラック・バイト」です。法的には、最後の賃金でもなんでも、働いた対価として賃金を払わないのは、「債務不履行」にあたり、これに加えて、「最賃法違反」、「労基法24条違反」などの刑罰の対象にもなります。

当然ながら、使用者は、やめたアルバイトに対しても賃金支払い義務を負担しています。使用者側は、やめたバイトに支払いたいと思わないがゆえの対応でしょうが、これは、法律違反です。

賃金の渡し方

使用者側のよくある場合は、最後の給料は手渡しとするので取りにくること、という対応です。トラブルがあったので、とりにこない場合もあるからです。

普段は口座振り込みで、最後だけ取りに来いとしている場合は、特別な理由により、お互い直接手渡しを合意していない限り、最後の給料だけ、取りに来いというのは、理由のない要求になります。

従って、この場合、使用者が受け取りに来いと一方的に主張するのは、単なる給料の不払いになり、最賃法違反、労基法24条違反として、労働基準監督署が動くことができます。

労働基準局や弁護士に相談されることをお勧めします。

>銀座さいとう法律事務所チーム

銀座さいとう法律事務所チーム

セクハラ・パワハラ・マタハラなどハラスメントに悩んでいる人に、ハラスメント関する、有益な情報を総合的に提供するポータルサイトです。
日本ではハラスメント問題が多いにも関わらず、被害に遭われた方が泣き寝入りをしていることが多いのが現状です。セクハラを受けて悩んでいる方、身に覚えがないのに加害者になった方、従業員にハラスメント問題があったと通達を受けた企業の方、に正しい法律の情報をお届けします。

このサイトは、ハラスメント問題に強い、弁護士 齋藤健博チームが、運営監修しています。銀座さいとう法律事務所は、年中無休で相談を受け付けています。1人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。