「おばちゃん」「女の子の煎れるコーヒーは美味しい」「おやじ」・・・これってセクハラになりますか?

概要

女性(男性)を軽視し、対等なパートナーとみなしていない気持ちから発せられる言葉があります。

「ブス」「おばさん」「じじい」「女の子がXXしてくれるといいな」などの言葉は、いわゆるセクハラだけではなく、世代的差別であるジェンダー・ハラスメントにも当たります。

女性(男性)を軽視し、対等なパートナーとみなしていない気持ちから発せられる言葉があります。

本人が嫌がる発言をしない

これらの差別的発言は、一度だけなく、度重なると嫌な気持ちになって、仕事に悪影響がでることもあります。

ジェンダー・ハラスメントは、「性別により差別しようとする意識などにもとづくもの」もセクハラにあたるとして、

「女に仕事は任せられない」
「男のくせに根性がない」
「女性は職場の花であればいい」
「男の子、僕、坊ちゃん、おじさん、じじい、女の子、お嬢さん、おばさん、ばばあ」
など、人格を認めない発言はハラスメントにあたります。

また、本人は褒めているつもり言っている
「女の子の入れたお茶は美味しい」
「お茶汲みは女の子の仕事」
「大事な仕事は女性には任せられないな」
などという発言も、女性蔑視の偏見があると考えられ、ハラスメントに該当します。

職場では、女性も男性も同じ雇用者として、対等に能力を発揮するような環境作りをしましょう。

>銀座さいとう法律事務所チーム

銀座さいとう法律事務所チーム

セクハラ・パワハラ・マタハラなどハラスメントに悩んでいる人に、ハラスメント関する、有益な情報を総合的に提供するポータルサイトです。
日本ではハラスメント問題が多いにも関わらず、被害に遭われた方が泣き寝入りをしていることが多いのが現状です。セクハラを受けて悩んでいる方、身に覚えがないのに加害者になった方、従業員にハラスメント問題があったと通達を受けた企業の方、に正しい法律の情報をお届けします。

このサイトは、ハラスメント問題に強い、弁護士 齋藤健博チームが、運営監修しています。銀座さいとう法律事務所は、年中無休で相談を受け付けています。1人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。