基礎知識 均等法・育介方で禁止されている不利益扱いとその理由

マタハラ事案で、妊娠中や産後の女性労働者や子供をもつ労働者に対して、以下を事由として、不利益な扱いをすることは、原則として違法です。

妊娠・出産した女性労働者へのきっかけ
– 産前・産後休暇を取得申請
– 育児時間を請求取得
– 負担のない仕事への異動を請求
– つわり・切迫流産で仕事が困難

子供をもつ労働者へのきっかけ
– 育児休業
– 短時間勤務
– 看護休暇
– 時間外労働や深夜労働の免除

不利益な扱いの例
– 解雇
– 契約更新しない
– 退職や正社員を非正規社員に契約変更する
– 降格
– 減給
– 自宅待機命令
– 不利益な人事考査
– 雑務や仕事をさせないなどの配置転換

>銀座さいとう法律事務所チーム

銀座さいとう法律事務所チーム

セクハラ・パワハラ・マタハラなどハラスメントに悩んでいる人に、ハラスメント関する、有益な情報を総合的に提供するポータルサイトです。
日本ではハラスメント問題が多いにも関わらず、被害に遭われた方が泣き寝入りをしていることが多いのが現状です。セクハラを受けて悩んでいる方、身に覚えがないのに加害者になった方、従業員にハラスメント問題があったと通達を受けた企業の方、に正しい法律の情報をお届けします。

このサイトは、ハラスメント問題に強い、弁護士 齋藤健博チームが、運営監修しています。銀座さいとう法律事務所は、年中無休で相談を受け付けています。1人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。