CATEGORY

パワハラ

会社の不正を内部告発したことを理由に、昇進が止まりました

内部告発 内部告発とは、組織(企業)内部の人間が、所属組織の不正や悪事(法令違反など)を、外部の監督機関(監督官庁など)や報道機関などへ知らせて周知を図る行為です。 組織の不祥事やその隠蔽は、この内部告発によって明らかになるケースが多いです。 内部告発の相手先は一般に次の3つに分けられます。① 勤務先の会社② 監督官庁などの行政機関③ マスコミ・一般市民 内部告発による人事差別 富山県の貨物自動車 […]

会社のチャットで上司から暴言を受けています

チャットで暴言 会社の代表取締役が、従業員に対して、直接ではなく、チャットを使用して罵詈雑言を浴びせた事件があります(東京地裁平成27年1月15日判決)。 従業員への嫌がらせ この事件は、医療関係の人材紹介会社の社長が、従業員に対して、チャットを使用して「まじでむかつくお前」「いなくなって欲しい」「舐め過ぎだ、どれだけ損害をかけていると思っているんだ」「うんざりだ」と暴言を送り続けました。 それだ […]

男性が、女性の服装で出社したら解雇になりますか

性同一性障害 性同一性障害とは、性別違和や性別不合とも呼ばれ、『出生時に割り当てられた性別とは異なる性の自己意識(性同一性)を持ち、自らの身体的性別に持続的な違和感を覚える状態』をいう医学的な診断名および状態像をいいます。 最近は、性同一性障害であっても、海外の動きもあって、日本でも、マイノリティとして隠すことなく公開して、社会に受け入れられている例も見られてきています。 女性の容姿で出社したい […]

部下から上司へのパワハラは認められますか

部下から上司へのイジメ パワハラは、その名前の通り、上司が部下に対して、拒否できないパワーである上下関係において、行われることが多いのですが、その反対の場合もあります。 地位が下の人たちが集団で、上司をイジメて精神疾患に追い込んだ事件があります(大阪地裁平成22年6月23日判決)。 イジメによるうつ病 この事件は、6級職に昇進した女性が、4級職の女性たちから、「同じ仕事をしているのに高い給料もらっ […]

仕事が忙しすぎてメンタルになってしまった社員を、辞めてもらう方法はありますか

ご相談内容 物流で小さな会社を経営しています。昨今の経済状態の煽りを受けて、経営が厳しくなり、人を増やすことはできず、多くの仕事を数名でこなしています。 全員同じ状況で、早朝から深夜まで働いているのですが、最近入社した男性社員が、激務に耐えられないと言い出して、無断欠勤が続き、その後診療内科に通院しているので、休職したいと言い出しました。 会社では、これ以上人も雇えないのに、一人休まれただけでも、 […]

飲食でアルバイトしていたら、突然、明日から来なくていいと言われました

ご相談内容 飲食店でアルバイトをして、半年になります。仕事も覚えて、無断欠勤もなく、少しずつですが昇給もして、仕事の範囲も増えてきました。人間関係もよく、とくに、先輩には可愛がってもらっています。 最近、飲食店の売り上げがよくないとか、会社が他の会社に買収されるとか、いろいろな噂がありましたが、変わらず週5日の勤務をしていました。 先日、店長に呼び出され、会社の経営者も変わり、経営方針も変わったの […]

始末書を強要されたので、拒否したら解雇されました

反省を促す始末書 会社は、社員が何からの規定違反をした場合、再発防止を目的として、始末書の提出を命じることがあります。 始末書は、反省文、顛末書などと呼ばれることもあります。始末書を提出すること自体は、管理者が使用者の人事管理の一環として行われる行為であり、違法ではありません。 これ自体は、パワハラではありませんが、無理やり書かせる、始末書を書かないからと言って人事処分を行うなどがあると、パワハラ […]

希望退職に応じないので、侮辱や暴力行為を受けています

事件の概要 会社で、社員に対して希望退職を迫り、退職に応じない社員に対して、上司や労働組合の幹部から、嫌がらせや配置転換、暴行を行った事件があります(千葉地裁平成6年1月26日判決、東京高裁平成8年3月27日判決)。 希望退職に応じなかった 航空会社が、労働組合との協定により、社員に対して、希望退職を募りましたが、この男性社員は、退職の意思はないと、希望退職に応じない旨を届け出ました。 その後、航 […]

ハラスメントを受けて休職しています。休業補償給付はどのように受けますか

休業補償給付の支給 業務中にセクハラやパワハラを受けて、心身を患い、会社を休職することがあります。療養のため休業して賃金の支払いを受けない時、労働者は、労災保険から休業補償給付をうけることができます。 支給条件 休業補償給付を支給されるための要件は、 – 業務上の傷病により療養していること– 療養のため労働ができないこと– 労働ができないため賃金を受けられないこ […]

会社で専門研修を受けましたが、退職する時に、研修費用の返還を求められました

ご相談内容 飲食関係の会社で働いています。会社から、一部の従業員に向けて、衛生関連の研修を受講するようにお知らせがきたので、ネットから研修を受講しました。民間会社が開催している研修で、特に資格をもらえるようなものではありませんでしたが、修了証は送られてきました。内容は、業務に関連していて、役立つ研修で、よかったと思いました。 半年後に、家庭の都合で、会社を退職しなければならず、自己都合による退職届 […]

>

セクハラ・パワハラ・マタハラなどハラスメントに悩んでいる人に、ハラスメント関する、有益な情報を総合的に提供するポータルサイトです。
日本ではハラスメント問題が多いにも関わらず、被害に遭われた方が泣き寝入りをしていることが多いのが現状です。セクハラを受けて悩んでいる方、身に覚えがないのに加害者になった方、従業員にハラスメント問題があったと通達を受けた企業の方、に正しい法律の情報をお届けします。

このサイトは、ハラスメント問題に強い、弁護士 齋藤健博が、運営監修しています。銀座さいとう法律事務所は、年中無休で相談を受け付けています。1人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。