CATEGORY

セクハラ

セクハラ

セクハラを拒否したら解雇されました

事件の内容 大分地裁において出された、平成14年11月14日判決があります。 有限会社に勤務する女性が、入社してすぐから、社長から週3〜4回誘われて飲食をともにして、その都度、「ホテルに行こう」「触らせろ」などど言われて、抱きつかれたり、股間に手を入れられたりしました。 このような行為は2年近く続き、その後更にエスカレートしてきて、勤務時間中にも、社長は女性に抱きついたり、キスしたり、床に押し倒し […]

社内不倫を理由に懲戒解雇

ご相談内容 勤務先の上司と不倫をしていました。 社内の一部の人はなんとなくわかっていたようですが、特に問題なく仕事はしていました。上司も私も、仕事には真面目に取り組み、きちんとやっていたにも関わらず、ある日社長に呼び出されて、私だけ、周囲の目があるから、恋愛は外でやってほしいと直接言われましたが、他の人に迷惑をかけていません。 プライベートなことに口を出される必要はないので、注意を無視していたら、 […]

痴漢をしたら、会社をクビになりました

ご相談内容 会社の休日に、夜、友人と酒を飲みに行った帰りに、泥酔してしまい、覚えていないのですが、帰りの電車で、痴漢をしてしまいました。 その場で、周りの人に取り押さえられて、警察に連行されました。 女性に対して、申し訳ない気持ちになり、誠意をもって謝罪を繰り返したこともあり、後日、不起訴処分になり、事件は終わりました。 しばらく経ってから、勤務先である、大手銀行から、「会社の名誉を傷つけた」とし […]

女性社員が派手な服装をして出社します。服装規定もないので、注意の仕方がわかりません

ご相談内容 新入社員の女性の服装が、スカートの長さが短かったり、夏は背中が見える服装をしてくるので、男性社員が目のやり場に困っています。 会社には、服装規定はないのですが、過度に派手なので、新入社員の女性に注意したいのですが、逆にセクハラと苦情を受けそうで心配です。どのように対応したらよいでしょうか。 職場環境整備 職場は仕事をする場所です。一緒に働く社員が、相手を直視できないような服装では、仕事 […]

上司から殴られたとパワハラ報告を受けましたが、事実と異なるようです

ご相談内容 男性の従業員が、オフィスで、課長からお腹をグーで殴られたと、相談がありました。 その課長は、仕事熱心ではあるけれども、暴力を振るうようなタイプには見えません。 課長に、ヒアリングをしたところ、「殴ったことは絶対にない」「親しみを込めて、肩を叩いたことはある」と説明を受けました。こういう場合どのように対応したらよいでしょうか。 パワハラを相談されたら 部下や従業員から、パワハラ被害にあっ […]

職場で、男性上司から性的な皮肉を言われて困っています

ご相談内容 35歳の女性社員です。周りの女性は結婚していきますが、わたしは、結婚する気持ちにはならず、仕事を毎日楽しんでいます。 仕事に没頭する毎日の私に対して、上司が、「男はいらないんだね」と嫌味を言ってきます。 口の悪い上司なので、軽口は多いのですが、この発言を何度もしてくることは、私の人格を非難しています。 上司から、触られたり、身体的なセクハラは受けたことはないのですが、この発言はセクハラ […]

セクハラ被害を受けたら、まずやること

泣き寝入りしないために セクハラ被害にあったと思ったら、一人で抱え込まずに、まず以下のことを実践しましょう。 ノーということ セクハラにあったと思ったら、その場で相手に対して、自分が拒否していることを示してください。 この程度だとセクハラにならないかなと、自分を過度に責めないで、不愉快だと思った時点で、ノーと伝えてください。拒否すると、相手から、報復を受けないか、こんなのセクハラじゃないと言われて […]

密室で強姦未遂がありました。どのように事実を認めてもらえますか

強姦未遂事件 設備会社の社長から、女性従業員が強姦されそうになり、後日女性が解雇されたために慰謝料請求した事件があります(東京地裁平成12年3月10日)。 これは、社長が普段から、ある女性従業員に対して、卑猥な会話をしたり、浮気を迫ったりしていました。 ある日、社内において、社長はドアに鍵をかけ、女性を突然羽交い締めにして、胸を掴み、顎をなぐり、スカートに手をいれたところ、逃げだした女性を追いかけ […]

男性が、女性の服装で出社したら解雇になりますか

性同一性障害 性同一性障害とは、性別違和や性別不合とも呼ばれ、『出生時に割り当てられた性別とは異なる性の自己意識(性同一性)を持ち、自らの身体的性別に持続的な違和感を覚える状態』をいう医学的な診断名および状態像をいいます。 最近は、性同一性障害であっても、海外の動きもあって、日本でも、マイノリティとして隠すことなく公開して、社会に受け入れられている例も見られてきています。 女性の容姿で出社したい […]

会社に、女性社員が会議室で上司からセクハラを受けたという内容証明が送られてきました

ご相談内容 会社の人事課に、勤続2年目の女性社員から、上司からセクハラを受けたという内容証明が送られてきました。 卑猥な言葉を投げかけられたとか、身体を触られたと書いてありますが、2人きりの会議室のできごとで、証明できません。 この先、裁判になることを恐れています。まずは、どのように対応したらよいでしょうか。 裁判になると ハラスメントで裁判になると、裁判所は当事者間の主張と、主張を裏付ける証拠を […]

>

セクハラ・パワハラ・マタハラなどハラスメントに悩んでいる人に、ハラスメント関する、有益な情報を総合的に提供するポータルサイトです。
日本ではハラスメント問題が多いにも関わらず、被害に遭われた方が泣き寝入りをしていることが多いのが現状です。セクハラを受けて悩んでいる方、身に覚えがないのに加害者になった方、従業員にハラスメント問題があったと通達を受けた企業の方、に正しい法律の情報をお届けします。

このサイトは、ハラスメント問題に強い、弁護士 齋藤健博が、運営監修しています。銀座さいとう法律事務所は、年中無休で相談を受け付けています。1人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。