SEARCH

「慰謝料」の検索結果29件

昔、付き合っていた男性が上司になり、性的関係を強要されています

ご相談内容 数年前、社内恋愛でお付き合いをしていた男性が上司になりました。わたしたちは、すでに別れており、彼は結婚して家庭も持っています。昔を思い出したのか、彼から何度も仕事後に食事に誘われ、性的な関係を強要されました。元彼で、今は上司という微妙な関係にあり、断りきれません。彼の行為に対して、セクハラとして裁判で何か請求できるでしょうか。 同意の上でなければセクハラです 上司と部下が性的関係にある […]

家庭内のモラルハラスメントを理由にする離婚や損害賠償の裁判例はありますか

家庭内モラルハラスメントによる離婚請求 離婚事由の一つとして、「婚姻を継続しがたい重大な事由」がありますが、家庭内のモラルハラスメントも、離婚事由として認めた裁判例は多くあります。 80歳になった夫が、妻から侮辱的な言動を受けたとして、離婚を認めた事案があります。これは、80歳になって病気がちになり生活力がなくなった夫に対して、妻が食事を用意しなくなり、夫の先妻の位牌を親戚に送りつけたり、夫のアル […]

セクハラで慰謝料とりたい。でも、相場は?

ご相談内容 以前、雇用契約で働いていた職場で、リーダーの方からセクハラを受けました。体を触られたり、夜の誘いのメールをもらい、気持ち悪くなり、退職して、今は違う職場で働いています。 思い出しても腹立たしいですし、自分だけ仕事を辞めたのも悔しく思います。証拠のメールやラインもあります。これを基に、セクハラで訴えて、慰謝料を取りたいのですが、そもそもセクハラの慰謝料の相場っていくらでしょうか。弁護士に […]

セクハラを受けました。犯罪として、刑罰はどのようなものがありますか

ご相談内容 会社員の女性です。同僚から、わいせつな行為を受けて許せません。刑事罰を受けてほしいのですが、どのような罪があるのか教えてください。 セクハラが犯罪になる場合 セクハラが犯罪にあたる場合、犯罪の法定刑がいくつかあります。どの刑罰になるか、またどのくらいの量刑になるかは、裁判例などが参考にされますが、ともあれ、刑法上の行為やこれから照会する特別法上の行為に該当するかを見定めなければなりませ […]

過去に解決したセクハラについて、被害者が損害賠償を要求してきました

ご相談内容 2年前、上司からセクハラを受けた女性が、その時は、会社で問題になり、上司は配置転換と謝罪を出して、女性も問題解決として受け入れました。最近、会社でハラスメント研修などが始まり、セクハラ行為で慰謝料を受け取る話などを聞き、2年前のセクハラを理由に、同じ上司に慰謝料請求をしてきました。 認められる可能性は高いです 2年前に起こったセクハラは、問題ですが、その時に会社も本人も重大な不法行為と […]

妊娠中に軽い仕事に配置転換したために、手当ての支払いが減りました。これは男女差別ではないですか?

裁判事例 広島中央保健生協事件 妊娠中の軽易業務への転換を契機として降格する措置は、原則として、男女雇用機会均等法9条3項が禁止する不利益取り扱いにあたり無効とされた事例があります。 広島中央保険請求事件という著名な事例です。 医療介護事業を営む協同組合が、病院など医療施設を運営していたところ、第2子を産んだタイミングで理学療法士として従事していた原告が、軽易業務への転換を請求したところ、副主任の […]

派遣社員です。派遣先の先輩にセクハラを受けていますが、誰に相談すべきでしょうか。

派遣社員も、加害者だけでなく、派遣先会社や派遣元会社に慰謝料を請求できます。 派遣社員も正社員も、ハラスメントを受けた場合、慰謝料請求はできます。 そもそも、ハラスメントは、セクハラ、モラハラ、パワハラと、多岐にわたるのですが、正社員ではない方が、自分は派遣社員だから・・といって、慰謝料の請求などをためらってしまうケースが多く見受けられます。 しかし、労働者の雇用条件とは無関係に、ハラスメントを受 […]

セクハラされて、噂が広まったため自主退職しました。

上司に誘われて会社帰りに食事に行きました。この上司とは、友達以上の関係にあったのですが、あいまいな状態でした。帰り間際身体に触ってきて、無理やりキスされ、その日は仲良くおさまりました。そのあと、同僚に相談したためか、噂が広まってきて、職場に居づらくなり、自主退職をしました。 会社を辞めることまでになった、この上司の行為に対して、慰謝料請求をしたいのですが、できますか? 慰謝料請求できます 上司の立 […]

ご希望の場所に出向いて、ハラスメント対策研修・セミナーを実施させていただきます

ハラスメント問題に強い弁護士 齋藤健博による”ハラスメント対策研修”はじめました 日本ではセクハラ問題が多いにも関わらず、被害に遭われた方が泣き寝入りをしている現状です。ハラスメントを受けて悩んでいる方、身に覚えがないのに加害者になった方、従業員にハラスメント問題があったと通達を受けた企業の方、企業がハラスメントの予防するための取り組み方法など、正しい法律の情報をお届けします。 ▶️ 研修・セミナ […]

セクハラの被害者本人ではなく、両親から苦情がきました。どのように対応したらよいでしょうか。

セクハラは被害者本人の問題です セクハラは、原則として被害者本人の問題であり、セクハラの有無や内容については、プライバシーに属します。 最近は、成人者であっても親からの相談があると見聞きしています。しかし、セクハラの被害に遭うのは本人です。仮に、成人年齢を超えていない方が被害に遭えば、法定代理人たる地位に基づき、親が子の慰謝料請求などを行うことは適法に可能となりますが、いくら親御さんであっても、法 […]

>銀座さいとう法律事務所チーム

銀座さいとう法律事務所チーム

セクハラ・パワハラ・マタハラなどハラスメントに悩んでいる人に、ハラスメント関する、有益な情報を総合的に提供するポータルサイトです。
日本ではハラスメント問題が多いにも関わらず、被害に遭われた方が泣き寝入りをしていることが多いのが現状です。セクハラを受けて悩んでいる方、身に覚えがないのに加害者になった方、従業員にハラスメント問題があったと通達を受けた企業の方、に正しい法律の情報をお届けします。

このサイトは、ハラスメント問題に強い、弁護士 齋藤健博チームが、運営監修しています。銀座さいとう法律事務所は、年中無休で相談を受け付けています。1人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。